肌を保湿するなら、風呂から出た直後の乾燥気味の時が狙い目です。入浴で心身共にのんびりした時間を過ごしたら、次は肌のケアの番です。お肌の乾燥は風呂から出た直後から始まっていますので、風呂にいる時に肌ケアをしているという人もいます。顔の皮膚が乾燥しないようにすることは、体全体ができない以上は、最低でもしておきたい部位であるといえます。最初に、顔の隅々にまでふんだんに化粧水をつけて、皮膚に水分を与えます。肌の保湿効果を高めるために、美容液を皮膚につけて、保湿成分を浸透されます。乳液やクリームは最後に使って、水分が逃げていかないようにします。お肌の水分が出ていってしまわないように、化粧水で保湿をして、美容液の油分でフタをします。スキンケアは日々の作業なので面倒だと感じる人もいるようですが、一つ一つの段階をきちんと行うことが、保湿効果の一歩です。大事なことは、力の入れ方は注意をして、あまり強くこったり、引っぱったりしなくてもいいことを知ることです。化粧水をつけて指で皮膚を強めにこすっても、成分が皮膚かから入り込んでくることはありません。風呂から出た直後は毛穴から水分が蒸発していくスピードが上がりますので、可能な限り風呂上がり直後にスキンケアを行いましょう。